魔法のワハハ歯ブラシ

魔法のワハハ歯ブラシのタイトル

歯医者さんおすすめでもない。歯医者さん推奨でもない。 歯医者さんが作った歯ブラシ。
しっかり歯を磨いているように見えて、実は多い磨き残し。 虫歯や歯周病の原因となる「磨き残しゼロ」を目指して開発しました。

魔法のワハハ歯ぶらしの4つの特長

 

 折れずに曲がって奥まで届く

自分自身にぴったりなネック角度をカスタマイズ出来る素材にこだわりました。
曲げて使えば今まで届きにくかった歯の裏側や、奥歯の裏側もしっかり磨けるようになります。
また、ネック部分が柔らかいため、歯や歯茎に余計な負担をかけ過ぎないという利点もあります。

 

 横からも縦からも山型の独自カット


自然と凹凸部分に入り込み、汚れの残りやすいポイントをピンポイントで磨くことが出来ます。
今までこの加工技術を受け入れてくれるところがなく、実現に至っていませんでした。
一方向の山切りカットやギザギザカットとは違う、独自の形だからこそ可能な清掃機能です。

 

 鉛筆持ちで優しくブラッシング

ペングリップで(鉛筆を持つように握って)持ち、力を入れず軽くブラッシングしてください。
柔らかめの毛を用いていますので、小さなお子様の仕上げ磨きにも最適です。
 
魔法のワハハ歯ぶらしの使い方と特長

「 ベストなフォルムは、目の前にある『桜島』の形でした。」

監修:医療法人翔優会 総院長 吉留英俊

吉留理事長私がずっと思っていたのは「インプラントや虫歯の治療も大切だけど、何より健康な自分の歯をずっと残していくのが一番、そのためにはまずご家庭での虫歯予防、毎日の歯のケアが必須」ということです。でも小さな子からご高齢の方まで、お口の状態は色々あるわけで、どんな方にでも自信を持ってお勧めできる万能型の歯ブラシというのは、いったいどんな歯ブラシなんだろうと考え続けて、完成したのが魔法のワハハ歯ブラシです。 大きい歯も小さい歯も、表面も隙間も奥まった場所でも使えるワハハ歯ブラシのフォルムは、私の故郷、鹿児島の象徴である「桜島」がモチーフになっています。どの方向から見ても山切りで、自在にブラッシングできるカッティングになっています。ぜひ一度お試しいただき、そのブラッシングを実感してください。

sakurajima